HOME > 怨霊日本史 > 0592年:【事件】崇峻天皇、蘇我氏により暗殺

0592年:【事件】崇峻天皇、蘇我氏により暗殺

 物部氏が呪殺しようとした「 泊瀬部皇子(はつせべ) 」が即位し、崇峻天皇に。
 天皇に猪を献上するものがあり、その時、

いつかこの猪のように、憎いものを切り刻みたい

などと発言。これを重くみた「 蘇我氏が暗殺命令 」を下す。
 指令どおり、東漢 駒(やまとのあや の こま)が天皇を殺害。しかし、自身も「 口封じのためか、蘇我氏に殺害 」される。
 この後、タタリらしいタタリは起こってないようだが、「 大化の改新による蘇我氏の滅亡 」をいかに見るか?

(2014年07月14日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

問合せとか要望とか