HOME > 怨霊日本史 > 0663年:【事件】白村江の戦い

0663年:【事件】白村江の戦い

 当時の朝鮮半島の情勢は、「 高句麗・百済が優勢。新羅は劣勢 」であった。こうしたことから、新羅は「 唐に冊封 」されることを選ぶ。
 日本は大化の改新(646年)の真っ最中。劣勢になった百済は、651年に天智天皇へ援助を要請したが却下。653年に様子見で遣唐使を派遣。
 660年に百済が滅び、百済の鬼室福信は、日本に救援を要請。天智天皇はこれを許諾。百済難民を受け入れる。
 斉明天皇は、行軍途中崩御。白村江で唐・新羅連合軍と決戦するも敗戦。

滋賀県に「 鬼室神社 」があり、鬼室福信の縁者「 鬼室集斯 」が主祭神として祀られる。

(2014年07月17日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

問合せとか要望とか