HOME > 怨霊日本史 > 1151年:【怪異】源頼政、鵺を退治

1151年:【怪異】源頼政、鵺を退治

 近衛天皇が、毎夜、「 丑の刻に現れる怪異 」に悩まされる。「 密教僧を招いて祈祷 」を試みるが「 効果がない
」。
 一人の公卿が、以前、同様の怪異を「 源義家に依頼し、物の怪を退治 」した事件を思い出す。
 早速、源頼政を招聘。頼政は弓を上空に構え「 南無八幡大菩薩! 」と矢を一閃。見事、「 物の怪を退治 」する。その「 正体は鵺 」だった。

----------------------------------------------

頼政神社にて必勝を祈願
京都に鵺大明神という祠があり、そこに「 頼政が血の着いた矢じりを洗った鵺池 」があるらしい。

(2014年07月03日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

問合せとか要望とか